不倫に対するリスク

不倫という関係を続けている時、常に心配してしまうことは、伴侶に「この不倫がバレてしまうかもしれない」という不安だ。

そんな不安が的中し不倫の関係が伴侶に気づかれたとき、伴侶の対応は人それぞれだ。
何度も不倫をされ何度も許したが、今度ばかりは許せないと裁判に出る人もいれば何があっても別れないと思う人もいる。
大まかには「伴侶の不倫を許し、夫婦を続ける人」と「伴侶の不倫が許せず、夫婦を続けられないと判断した人」、この二つになるだろう。

そもそも不倫という男女の関係では社会的には罪なのだ。
法律でも罰が与えられるべきだとされている。
最近、そんな罪や罰を知りながらも家庭をもちながら不倫もかなり増えている。
昔に比べると離婚する夫婦が圧倒的に多くなっているが、それは夫婦間の問題よりも不倫が原因ではないか、と思われるほどだ。
だが不倫が家庭に不和をもたらすことは避けられない事実である。
伴侶や子供、果ては親族がその不倫によって振り回されるのだ。
不倫が発覚した後は、結婚生活が離婚によって解消されたり、裁判によって訴えられてしまったりする。

夫婦関係が上手くいっていなくて「気晴らしでも遊ばなければやってられない」という気持ちがあるのかもしれませんが、不倫に対するリスクというものをよく考えた方がいいだろう。

サイトマップ

ページ上部へ戻る