記事の詳細

既婚者、特に妻帯者と不倫をしない方が賢いと断言できます。家庭のある男性を好きになった事自体がルール違反なのです。
どんなに男性が「君は素敵だ。妻とは大違いだ。いつかは一緒になろう」と言ったとしても、真に受けてはいけません。
それはピロートークの常套句だと思える独身女性なら、まだましですが、男性の言葉を鵜呑みにして信じてしまうと泣きをみますよ。
既婚男性は家庭を捨てない事が一般常識だと思っていてください。妻よりも魅力的な独身女性と不倫はしても本気ではないのです。
独身女性が「いつになったら一緒になれるのかしら?」とそれらしい内容を口に出すと、男性は危険を察知して別れようとするでしょう。
「最近、あまり会ってくれなくなったけど・私の事が嫌いになったの?」と独身女性は聞きたくなるでしょうね。
それは男性には非常に重たいのです。独身女性の方としては「この人の奥さんが邪魔だわ。」と内心では思うでしょうね。
しかし、男性の妻は何も知らずに裏切られているのですよ・・。結婚と言う形式をとっている以上、簡単には離婚はできないものです。
夫婦の歴史は不倫相手とは別格なのです。妻を愛しているとかの次元ではなく・・。
「簡単に書類に判を付けばお終いじゃないの?」と独身女性は思うだろうが・・そうではないのです。
誰が悪いのか?と言えば、不倫をした既婚男性かも知れませんが、家庭もちの男性にお熱を上げてしまった独身女性も同罪ですよ。
男性は妻にばれないようにしたいと思っているはずです。家庭内に波風を立たせたくないでしょうから。それは自分の為でもあるのです。
独身女性が大人しく引き下がってくれたなら、不倫関係は一応清算できると思います。
しかし、妻に露見してしまってからでは、ゴタゴタしてしまうでしょう。それでも、男性は元の鞘に戻る事でしょう。
しかし、何事もなかった頃の夫婦には戻れない事も確かだと思いますが・。まことに不倫関係を円満に終わらせる事は難しものです。
悲しむ人を最小限にとどめたい・・・と思うから男性は、必死になって不倫相手と穏便に終わらせようとするのでしょうけど・。
そうもいかない事の方が多いと思います。まぁ、男性の身から出たサビだと言えなくもありませんが・・。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る