記事の詳細

現代では、専業主婦は「高嶺の花」と言われる時代です。昔のように主婦は3食昼寝つきなんて事は少ないはずです。
しかも、結婚当初に比べると、ライフスタイルは変化してきて当たり前でしょう。
結局、妻も外で働く時代になったと言う事です。共働きが当たり前になっています。夫の経済力もリストラなどに脅かされる時代です。
そんな環境に夫婦が不満を持った時、夫は何でもない事でも暴力を振るう家庭もあるかも知れません。これは辛いものです。
妻として、頑張っても報われない虚しさを味わう事になるでしょう。
妻は母として、思春期の子供と向き合う時間もない程でしょう。子供が赤ん坊の時はまだそれ程費用もかからなかったかもしれません。
しかし、子供の学費は結構高額なものです。妻も働かないと背に腹は代えられないと言う結果となりますね。
そうなると、やはり精神的な負担とストレスは妻にも相当出てきます。もちろん、子育ては一過性のものだと言えるでしょうけどね。
それでも、一時期は苦しいものでしょう。子供と母親の心のすれ違いも起こりかねません。
原因は、やはり経済的に苦しいことから、家庭の不和が始まる事が殆ど多いと考えれます。
人の心は、弱いものなのですね。何かで楽しみを持つ事ができるなら、気持にも余裕があるのでしょうけど・・。
毎日が、ただただ忙しいだけでは息が詰まる思いをする事でしょう。しかも、家族に理解されない人妻としては辛いものですね。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る