記事の詳細

「あなた~?私今度の新しいプロジェクトチームに選ばれたのよ。だからプレゼンテーションの事で、今夜は遅くなるんだけど。」
と言うような人妻は、結構キャリアウーマンですね。
ここまでキャリアウーマンではなくても正社員で働く人妻の場合は、「今日は転勤してきた人の歓迎会があるのよ。ごめんね。あなた」
と言うケースも通用しますね。ところが、専業主婦だと、夜遅くなる理由が見つかりません。言い訳の材料がありません。
だから、夜に不倫相手と会うなんて危険そのものです。夫は「お前が何の用事で、夜に出かける事があるんだい?」となりますからね。
専業主婦が不倫相手に選ぶのは、時間的な自由がきくニートやフリーターや大学生のような立場の男性になってしまいます。
しかし、社会人と不倫関係になってしまう事だって考えられますが、相手のサラリーマンが平日に休日が取れる人しかダメですね。
ですから、専業主婦の場合は昼間に不倫ができる相手なら、危険度は低くなるでしょう。
または、何かの趣味の習い事をして出かける理由を作るとかね。それが夜のお稽古事だったりすると無難ですね。
夫に信用してもらわないと不倫は不可能だと言う事です。主婦が仕事を持っていない場合は、このような方法しかありませんね。
仕事を持つ主婦なら、「今度会社の同期と遊びに行くことになっている。久しぶりに一泊の企画を立てているのよ。あなたごめんね」
と言えるでしょうね。
専業主婦もお泊りの不倫を計画したいと思うなら、日頃から夫との会話で、夫の知らない女性の名前を出しておくのも良いでしょう。
たとえば「アートフラワーの○○ちゃんが、一度温泉に行こうよと言うのよ。妻だって疲れを取りましょうと誘われちゃった。」
とか、軽く言うのです。おどおどした言い方では疑われてしまいますからね。
このように、不倫をしやすい立場は自分で「言い訳」が通用するように日常的に作っておく事だと言えますね。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る