記事の詳細

私は不倫をしてしまった事を後悔している人妻なのです。今でも、当時を思い出すと「なんて馬鹿だったのだろう・」と思っています。
若くして結婚をした私ですが、三十路の大台になる頃の事です。私はバイトをしていたのです。
30歳になろうかと言う人妻に声をかけてくるような若い子がいたなんて・・。
私は、そのような若い学生を相手にする気持ちはありませんでした。どうせ、からかわれているに違いありませんしね。
ところが、バイト先が同じと言う事は、何かと顔を合わせる事が多いため、つい誘いに乗ってしまったのです。
「私をからかっているんじゃないの?これでも一応人妻なのよ。」と私は言いながらも、悪い気はしませんでした。
若い学生の彼は情熱的に私を誘ってくるものですから、とうとう肉体関係を持ってしまったのです。
私は自分を疑いました。「この私が・・。不倫を軽蔑していた私だと言うのに・・。まさか不倫をしてしまうとは・」と思ったのです。
しかし、ますます、彼に惹かれて行く自分があったのは確かです。紛れもなく彼を好きになってしまっていました。
彼は学生だし、彼女がいても無理はありません。しかし、想像をするだけでも不安になり、嫉妬心も湧き上がるのです。
時には、一人で涙を流してまう事もあるくらいでした。何故なら、彼を独占できない事は分かり切っていましたから。
そして、必ず別れもあるに違いない事を知っていました。その日がいつか来る・・と思うだけで涙を流していたとは・・。
彼との不倫は、完全な幸せの元に成り立っていない事は理解しておりました。
そして、とうとう、彼と別れる日が来たのです。当然なのですが、彼には同級生の彼女がいました。
私は所詮、不倫相手に過ぎません。それでも、別れる時は、私の心は怒りに変わりました。彼と喧嘩になったのです。
私の方が大人だと言うのに・・・だらしない私だったと反省しております。
どうにもならない不倫相手を好きになってしまったのは、すべて私の意思の弱さだと思っています。
久々に、失恋とはこのような気持ちなのだな・・と辛い気持ちでいっぱいです。安易に不倫などしてはならないと言う教訓になりました。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る