記事の詳細

社会常識で言うなら、夫婦でセックスをするのは当たり前(笑)夫以外の男性とセックスをするのは非常識と言われるでしょう。ところが、現実的には不倫をしている人々は結構いる時代です。
不倫をしている人々の気持ちはどうなのでしょうか?たぶん、いきなり不倫に踏み切ったとは考えにくいものです。少なくとも葛藤があったと想像できます。
何の葛藤か?それは背徳感と戦った末に不倫を決行したのではないでしょうか?「夫以外の男性とセックスをするなんて・ふしだらだわ」。
と人妻は思い込んでいる反面、出会い系サイトにいるのは何故?やはりセックスに対する興味があるからに違いありません。ただ、不倫を実行する勇気がないのは、社会常識の枠にとらわれているからです。
セックスの快楽がどれだけ素晴らしいか?それを知らないので、背徳感の方が勝っている状態で出会い系サイトにいるのです。
男性は、「夫婦生活で快感を得られますか?」と尋ねられる関係なら、話題に出してみてください。
人妻が「セックスって、そんなに気持ちが良いかしら?夫はあまり興味なさそうだし、私だって今更子供を産む事もないしね」。
と言うような内容が返ってきたなら、その人妻は快楽を知らないので、セックスの快楽を話題にしてみましょう。「世の中、夫婦以外でセックスを楽しんでいますよ。
男性も女性もセックスは楽しまないと勿体ないですよ」。「快楽を味わう方法は色々あるのですよ。ご主人は色々なセックスをしてくれないみたいですね。勿体ないなぁ・・」。
と言ったりすれば、人妻は「セックスにはそんなに快楽があるのか?」と興味を持つでしょうね。「セックスそのものをイヤラシイ事だと思っていませんか?それは違いますよ」。
「人間なら快楽を味わうのは、ごく自然の事なのですよ。密かにみなさんセックスの快楽を味わっているのです」。「まだ、開花されていないあなたを、是非僕が開花させてあげたいものです」。
と言ってその気にさせていくのはどうでしょうか?要するに「大丈夫ですよ」。と言う気持ちを与える事ができれば、人妻は不倫に前向きになる事でしょう。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る